歯周病治療

末期になると歯も抜ける?歯周病について知りましょう

歯磨き粉などのCMで耳にすることが増えた歯周病。痛みをともなわずに進行していくことから沈黙の病気ともいわれています。しかし、痛くないからといって油断は禁物。歯周病になると歯ぐきの腫れや出血が生じ、放置すると歯を支えている顎の骨が溶け、末期には歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

また、歯周病菌が血管を通じて内臓に運ばれると、心臓疾患や呼吸器疾患などの全身疾患を引き起こすリスクも。「痛くないから大丈夫」「口だけの病気でしょ」と甘く考えず、おかしいなと思ったら一度ご相談ください。

30秒でできる!歯周病チェックシート

歯周病が気になるあなたは、下記のチェックシートをご活用ください。ひとつでも当てはまった人は歯周病のリスクがあります!

歯周病の進行段階・症状・治療法

進行段階 症状 治療法

歯肉炎

歯肉炎
炎症が起きて歯ぐきに悪い血がたまっている状態。歯磨きの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さは、3mm程度です。

ブラッシング指導

正しいブラッシング方法をマスターすることで、歯周病の治療や予防につながります。

軽度歯周炎

軽度歯周炎
歯肉炎が進行して、顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという器具を使って歯周ポケットからプラークや歯石を除去します。さらに、削った部分をなめらかに仕上げることで、汚れが付着するのを防ぎます。

中等度歯周炎

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

歯周ポケット掻爬
(そうは)術

局所麻酔を行って歯石や膿を歯ぐきとともに除去します。

フラップ手術

歯ぐきを切開して、露出した歯根に付着したプラークや歯石を除去します。

重度歯周炎

重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が見えてきて、歯と歯ぐきの境目からは膿が出て、口臭がよりきつくなります。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

GTR法(再生療法)

溶かされた顎の骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。歯ぐきを切開してプラークを除去したあとに歯ぐきの上皮の下に人工膜を入れ、歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン法
(再生療法)

GTR法と同様に、溶かされた顎の骨と歯ぐきを再生させる再生療法の一種です。エムドゲイン法では、欠損部分に薬剤を入れ、歯周組織の再生を誘導します。

はくらく歯科では、症状に応じて適切な治療を行っています。このぺージをご覧になって歯周病かな?と思われた方は、一度当院までご相談ください。